BackWPupでバックアップファイルをDropboxに保存できないエラーの対処法(2019年5月)

シェアする

スポンサーリンク
WordPress

当ブログ(WordPressで運営)は、プラグイン「BackWPup」でバックアップをとっている。

データはクラウドの「Dropbox」に保存している。

が、2019年5月上旬、バックアップ処理(ジョブ)でエラーが出てバックアップできなくなった。

まさか、平成から令和への改元でシステムトラブル?

エラーの内容(ログ)は次のとおり。

BackWPupログ

バックアップファイルをDropboxに送信してうまくいかずに何回もリトライしたが、結局うまくいかずにエラーで終了しているようだ。

スポンサーリンク

原因の推定

エラーメッセージをよく見てみると、次のように表示されていた。

Dropbox API: (400) Bad input parameter: Error in call to API function “users/get_current_account”: This app is currently disabled.

わたしの推定だが、Dropboxにファイルを送信したが、何らかの原因で”Bad”と判定されて受け付けてくれないような感じ……。

対処法

対処はWordPressのプラグイン「BackWPup」の設定画面でDropboxの認証をやりなおす、という方法を試してみた。

設定画面でDropboxの認証を削除した。

BackWPup 1

削除後、あらためて認証をしなおした。

BackWPup 2

Dropboxへアクセスするための認証コードを取得して設定画面のコード欄に貼り付けて保存する。

BaxkWPup 3

その後、BackWPupのジョブを実行した。

うまくいった。

これで一件落着。

追記:保存先のフォルダ名が変わる

上記の方法でバックアップはとれるが、Dropboxの保存先のフォルダ名が「InpsydeBackWPup」に変わる。

dropbox

階層は、

Dropbox > アプリ > InpsydeBackWPup

となっていた。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS