就職という「ギャンブル」のリスク回避としてのセミリタイア

シェアする

スポンサーリンク
gamble

「就職はミドルリスクなギャンブル」プロギャンブラーがひとりで働くワケ(DANRO)(2019.6.8 Yahoo!ニュース)

という記事を読んだ。

勝率9割のプロギャンブラー「のぶき」氏のインタビュー記事だ。

記事を読んで「セミリタイアは”就職”という”ギャンブル”のリスク回避策だった」と感じた。

「就職して死ぬまで働く」という策の他に「セミリタイア」という選択肢があれば強い。

人生で就職の一点買いは危険なんだな……。

スポンサーリンク

就職は本命ではない

記事によると、のぶき氏はもともとサラリーマン志望だったが、就職せずにギャンブラーになった。

きっかけは友人の「うつ病退職」だ。

中学時代からの仲の良い友人が、就職後、すぐにうつ病になって退職し、北海道へ高飛びしてしまったんです。このことで、いい会社だと思って入っても、上司や同僚と合わなければ、結果は悪いとこになると知りました。

(中略)

就職とは、人を潰す可能性すらある「ギャンブル」だと気づいたのです。

そうそう、わたしも身につまされる。

のぶき氏はリスキーなサラリーマンを避けて、ギャンブラーを経て、ひとりで働く道を選んだ。

が、不安はないという。

理由は記事を読んでください。

お金をほしがると死ぬまで働かされる

わたしが本記事で一番の名言だと思った言葉が、次の文章だ。

みんなお金をたくさん欲しがりますが、それだとお金というシステムにだまされて人生が終わります。自分が幸せになる分だけ稼げればいいのです。

(中略)

お金を多く欲しがると、死ぬまで仕事をさせられることになります。逆に、お金の束縛から自由になると、毎日が楽に楽しくなります。

これって、セミリタイアの思想そのものだ。

本当に、セミリタイアしても必要以上にお金を欲しがれば稼ぐのに時間をとられて、自分の自由時間がどんどん溶ける。

気をつけねば。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS