わたしは「こんなサラリーマン生活」は20年も持たなかった

シェアする

スポンサーリンク
退職届

twitterで公開されている橋本ゆの(@riko3_) の社畜OLマンガ「生きた心地がしない社会人」を読んだ。

参照「こんな生活があと40年も続くの?」 社会人2年目で悟った“社会人のつらさ”を描いた漫画に共感集まる(2019.11.25 ねとらぼ)

マンガの中で社会人2年目のOLが「こんな生活」が40年も続くことに愕然としていたが、わたしは「こんな生活」は20年も持たなかった(笑)。

スポンサーリンク

将来を考える余裕

マンガでは「社会人のつらさ」が強調されているが、悪いことばかりではないのでは?

今後40年の「将来の心配」ができるようになってきたということは、ある程度仕事ができるようになってきた証拠なので、嘆く必要はないかなと思う。

マンガでは、社会人1年目の頃は仕事を覚えるのが精一杯で、将来のことなんか考えられなかった。

が、2年目になって仕事以外のプライベートや自分の将来のことも考えられるようになる「精神的な余裕」がでてきた。

社畜40年が無理なら

もし、マンガのように40年も「こんな生活」を続けるのが無理だと思うならセミリタイアなんかいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS