【WordPress】PHPのバージョンを7.3から7.4にアップデート(2020年6月)

シェアする

スポンサーリンク
PHP7.4

当ブログが使用させていただいているレンタルサーバー会社(さくらインターネット)から、こんなメールが来た。

ご利用のさくらのマネージドサーバにおきまして、2020年7月15日(水)に

PHPのバージョンを7.3から「7.4」へ自動的に変更させていただきます。

当ブログのサーバーのPHPを調べたら、バージョンは「PHP 7.3.18」だった。

PHP7.3のサポートは2021年11月に終了するようだ。

なので、PHP7.4にアップデートしてみた(作業日:2020年6月18日)。

参照PHPとはなんでしょう?(php.net)

スポンサーリンク

アップデート後の動作確認結果

サーバーのコントロールパネルにPHPのバージョンを選択する画面があるので、

PHP7.4」を選択した。

PHP選択画面

PHP7.4にアップデート後、当ブログが問題なく表示されるか、確認した。

ブログもWordPressの管理画面も、特に問題なく表示された。

まずはひと安心。

PHP5→7にアップデートしたときの失敗

以前、PHPをバージョン5から7にアップデートしたとき、WordPressの管理画面が「真っ白」になるトラブルを経験した。

【WordPress】PHPをバージョン7に上げて管理画面が真っ白になった場合の対策
当ブログ(WordPress使用)のPHPをバージョン5から7へ上げた。 具体的に言えばレンタルサーバ(さくらのレンタルサーバ)の管理...

原因は「プラグインのエラー」だった。

PHPをバージョン5から7にアップデートしたことで、エラーを起こすプラグインがいくつかあった。

このときは、PHPのバージョンを一時的に7から5に戻し、エラーを起こすプラグインを停止して、再度バージョンを5から7に上げた。

今回のPHP7.3から7.4へのアップデートではプラグインのエラー等のトラブルは発生しなかった。

参照さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバ PHP7.4提供開始(2020.3.23 さくらインターネット)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS