2020年~2021年の年末年始に読んだ本

シェアする

スポンサーリンク
books 2020-2021

年末年始(2020年~2021年)に読んだ本のタイトルだけ紹介する。

まだ読んでいる途中の本も含んでいる。

スポンサーリンク

歴史

独裁者の世界史』(本村 凌二(著), NHK出版新書, 2020)

「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家』(大西 泰正(著), 角川新書, 2015)

政治・軍事

米韓同盟消滅』(鈴置 高史(著), 新潮新書, 2018)

中国共産党と人民解放軍』(山崎 雅弘(著), 朝日新書, 2019)

風水師が食い尽くす中国共産党』(富坂 聰(著), 角川新書, 2016)

文学

戦争と平和(一)』(トルストイ(著), 工藤 精一郎(訳), 新潮文庫, 1972)

御堂関白記 藤原道長の日記』(藤原 道長(著), 繁田 信一(編集), 角川ソフィア文庫, 2011)

超訳 ヘッセの言葉』(ヘルマン・ヘッセ(著), 白鳥 春彦(編集), ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2015)

医療・健康

医者と病院をうまく使い倒す34の心得 人生100年時代に自分を守る上手な治療の受け方』(山本 健人(著), 角川, 2020)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS