お茶パックの誤使用で茶葉を浪費していた

シェアする

スポンサーリンク
green tea

緑茶を飲むときは急須にお茶パックを入れている。

飲み終わったあとに茶葉を捨てるのが簡単だからだ。

問題は「お茶の味が薄い」ことだった。

お茶パックから緑茶の成分が湯の方に出ていない?

最近、解決策を知って「濃いお茶」を飲めるようになった。

スポンサーリンク

お茶パックの誤使用

お茶パックを使ったときにお茶の味が薄くなる原因は、

茶葉の入れすぎ

であることがわかった。

次の緑茶メーカー(池田製茶)のブログで知った。

参照知っていますか? お茶パックの正しい使い方。(2020.1.25 知覧茶・鹿児島茶「さつまやぶきた」の池田製茶のブログ)

上記ブログによると、

袋いっぱいに入れるとお茶の葉が十分に開かず、味が薄くなってしまいます。

とのこと。

お茶の味が薄いのは「お茶パックに入れる茶葉が不足している」と思い込んで、袋に茶葉をたくさん入れていた。

お茶パックに茶葉を入れすぎると味が薄くなるとは知らなかった!

お茶パックに入れる茶葉の最適値

お茶パックに茶葉をどれだけ入れたら薄くないお茶ができるのか?

上記ブログによると、

1パックに入れる茶葉は5g(ティースプーン2杯)が適量。少ないと感じるかもしれませんが、抽出後は水分を含んで袋いっぱいに膨らみます。

とのこと。

早速、1パックに5gの茶葉を入れて、お茶を作ってみた。

薄くない!

ちゃんとお茶の渋みも出ていて、うまい!

ああ、いままで茶葉を浪費していた。

正しいお茶の入れ方を学んだので、これからはおいしいお茶が飲めるセミリタイア生活となる。

<参考動画:煎茶の美味しい入れ方>

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS