398円の消費税(8%)と税込価格を暗算でカンタンに計算する方法

シェアする

スポンサーリンク
消費税8%

スーパーで買い物すると下2桁が98円の商品を非常によくみかける。

「消費税率8%」の食品などの税込額がパッと計算できない。

例えば、税抜価格が398円の場合、税率が8%の消費税を計算する際、

398 円 × 8 % = ?

をふつうに暗算するのは難しい。

が、工夫すれば電卓がなくてもカンタンに計算できる。

スポンサーリンク

税率8%の消費税を速算する

下2桁が98円の税率8%の消費税額を「速算」するための法則は、

(税抜価格 + 2) × 8 % – 0.16

だ。

税抜価格が398円の場合の消費税(8%)は、

(398 + 2) × 8 % – 0.16 = 400 × 8 % – 0.16 = 32 – 0.16 = 31.84 円

となる。

「税抜価格 + 2」で下2桁を「00」にして計算しやすいようにするのがポイント。

2を足した分の税額(2 × 8 % = 0.16 円)を引けば、消費税の金額が出る。

税込価格も速算する

消費税が出たので、最後に税込価格を計算する。

税抜価格398円と消費税31.84円を足すと税込価格になるが……。

398 + 31.84 = ?

を正確に暗算できるか、微妙だ。

この場合も、消費税の計算と同様に工夫する。

398 + 31.84 = 398 + 2 + 31.84 – 2 = 400 + 31.84 – 2 = 431.84 – 2 = 429.84 円

と、398に2を足して400にすると計算しやすくして、最後に2を引けば税込価格がカンタンに出る。

まとめ

税抜価格が下2桁が98の税込価格(税率8%)は、税抜価格は、

(税抜価格 + 2) + (税抜価格 + 2) × 8 % – 2 – 0.16

となる。

税抜価格が398円の場合、

400 + 400 × 0.08 – 2 – 0.16 = 400 + 32 – 2 – 0.16 = 430 – 0.16 = 429.84 円

だ。

最後の引き算は「2」と「0.16」を順番に引いていく。

一気に「2.16」を引こうとすると難しくなる。

※買い物中に店で概算値を計算するだけなら「0.16」は無視して「税抜398円の税込は430円くらいだな」でOK。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS