「45歳定年制」発言の教訓

シェアする

スポンサーリンク
retire@45

サントリーHDの新浪社長は「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べて、騒ぎになると「首切りをするということでは全くない」と釈明した。

わたしが今回の「45歳定年制発言」で得た教訓は、

おおやけの場で思いつきで発言してはいけない

だ。

スポンサーリンク

45歳定年制を定着させるには

もし、発言者の新浪氏が「本気で」45歳定年制を社会に定着させたいと思っていたら、もっと慎重に発言していたのではないか。

労使とも納得できるような制度をキチンと設計してから世間に発表していたと思う。

少なくとも社員が45歳で解雇されても65歳の年金受給まで生活に困らないような支援策も合わせて提示しただろう。

その場の思いつきで何も考えずに発言したとしか思えない。

社内研修のブレインストーミングの場での平社員の発言なら問題なかったが、公の場で有名企業の経営者がする発言ではなかった。

サントリーの業績にも悪影響?

45歳定年制について発言したSNSやブログを読んでいると、

もうサントリーの商品を買いたくない

という発言がちらほらある。

結局、今回の45歳定年制発言は「サントリーが世間から反発を食らって売上が下がるだけ」という結果に終わるのではないか。

すでに45歳定年制は始まっている

「45歳になると強制的に解雇」みたいな制度は導入するのは難しい。

が、実質的には45歳で退職を「推奨」するような制度はすでにある。

例えば、

  • 早期退職制度
  • 片道出向
  • 30代で終わる幹部候補選別

など。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS