Googleスプレッドシートの数字を千円単位・万円単位で表示する方法

シェアする

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートの数字を千円単位で表示してスッキリ。

セミリタイア生活では「Googleスプレッドシート」で資金シミュレーションする機会が多い。

例えば、5,000万円の貯蓄を年間100万円ずつ取り崩すとする。

インフレ率を年2%として、取り崩し額はインフレ率に比例するとしたら、今後10年の「貯蓄取り崩しシミュレーション」結果は次のとおりとなる。

Googleスプレッドシート #1

数字がいっぱい並んでいて、見にくい。

スポンサーリンク

千円単位で表示

資金シミュレーションの場合、「ざっくりとした数字」がわかれば十分なので、「千円単位」で表示したい。

数字を「千円単位」、例えば「3,456」なら「3」と表示したい。

「カスタム書式設定」で「#,##0,;[Red]▲#,##0,」と指定する。

Googleスプレッドシート #2

少し見にくいが、ゼロ(0)の右隣にコンマ(,)を1つ追加する。

「[Red]~」を指定すると、マイナスの場合に先頭に赤字を表す「▲」がついて赤色(red)で表示される。

上記のように書式設定すると、数字が「千円単位」で表示される(千円未満四捨五入)。

Googleスプレッドシート #3

かなり見やすくなった。

ちなみに、「百万円単位」で表示したければコンマの数を「,,」と、2つにする。

万円単位の表示法

日本人は「千円単位」より「万円単位」の方が読みやすい。

だがしかし、書式設定で「万円単位」の指定は不可能だ。

数字を1万で割るしかない。

Googleスプレッドシート #4

参照Excelの表・グラフの数字を千円単位・万円単位・千万円単位・億円単位にする方法(EX-IT)

まとめ

セミリタイア資金のシミュレーションばかりやってると、「1日中カネのことばかり考える生活」になってしまうので注意。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS