2013年の日本株投資家は歴史的な幸運の持ち主

シェアする

スポンサーリンク

日本株14年ぶり上昇率で世界圧倒、なお割安で来年も一段高に(ブルームバーグ 2013.12.27)によると、

ブルームバーグ・データによると、TOPIX の株価収益率(PER)は26日時点で15.6倍、01年以降の平均は22.2倍だった。向こう12カ月の1株利益成長率は12%。


いままでダメだった株価がようやく普通に戻りかけている。ただ、上昇スピードがあまりにも急カーブなので「バブル」のように思えるだけだ。

ことしのTOPIX上昇率は72年の101%、99年の58%、86年の49.2%に次ぐ。

同記事


もし「バブル」なら、PERは01年以降の平均PER(22.2倍)を大きく上回っているはずだ。

歴史的な株高の年に、たまたま日本株を持っていた投資家は超幸運だ。歴史的にも過去3回しかない「大当たり年」に匹敵する当たり年に遭遇したのだから。

個人的にもリタイア生活の初期にこのような当たり年に遭遇して、資金面で大いに助かった。この幸運を最大限活用しつつも「欲をかかずに」充実した早期リタイア生活を送りたいものだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS