暴落で元気が出るハゲタカ投資家なんだろうか

シェアする

スポンサーリンク

2/4の日経平均株価は前日比610.66円安と久しぶりに大幅安だった。暴落しているのに元気が出ている自分にびっくりしている。

nk20140204

今までは上がり続ける株価を尻目に買えずに悶々としていたが、「やっと買えそうな値段まで下がるのか」という期待でいっぱいだ。

自分の口座をネット証券に開設して株式投資を開始したのが、ネットバブル崩壊後の超安値のときだったので、ハゲタカ(逆張り?)のDNAが入っているのかもしれない(笑)。

株価は14,008円で、株価収益率(PER)は予想ベースで14.03なので、今の株価でも安いといえる。ただ、自分の中では1万円を切らないと「安い」とは言えない。

2013年末は「日経平均株価が年初比で1.5倍、ニューヨークも最高値更新」というニュースを耳にしてもあまり嬉しくなかったのに、暴落すると「チャンス!」と本能的に反応してしまう。

確定拠出年金とNISAはこれから開設の手続きしようと思っているので、それまでにはもっと「お買得価格」になっていてほしいものだ。

裸で泳いでいたのが誰かは、潮が引いて初めて分かる

ウォーレン・バフェット


※画像はYahoo!ファイナンス

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS