コロナ禍なのに株価が倍増していたセミリタイア生活(2020年3月~’21年3月)

シェアする

スポンサーリンク
chart

こんなに株価が上がるとは想像してなかった。

ちょうど1年前(2020年3月19日)に更新した次の記事を読み返してみた。

日経平均8千円台の時代に早期退職したので株安の感覚がない
新型コロナウイルスの影響で「株価大暴落!」のニュースが連日続いている。 ダウ平均株価は3年ぶりに終値で2万ドル割れ。安全資産とされた米...

1年前(2020年3月18日)の日経平均株価は16,726.55円だった。

当時はこんな悲観的なツイートもあった。

しかし、直近(2021年3月18日)の日経平均株価は30,216.75円だ。

ほぼ倍増だ(正確には1.8倍増)。

コロナ不況の真っ最中なのに。

スポンサーリンク

セミリタイア資金はどれだけ増えたか

一方、わたしのセミリタイア資金は1年で1.8倍増えたかといえば、増えてない。

資金のすべてを株に投入しているわけではないからだ。

株などの「リスク資産」の割合は44%だ(2020年12月31日現在)。

ポートフォリオ2020 #1

ざっくりと概算してみたら、資産は2020年3月末から1年弱(1年たらず)で1.16倍ほど増えた。

金融緩和が終わるまでの株高か

コロナ禍なのに株高なのは「世界的な金融緩和」が要因のひとつだ。

ワクチン接種がすすみ、コロナが収束に向かえば、いずれは金融緩和も終わるだろう。

「増税」や「国債の売却」などで政府がお金を吸い上げていくと思われる。

日本はコロナが収束しても「2%のインフレ目標」達成までは金融緩和は続けるだろう。

しかし、海外の金融緩和終了で日本株も低迷するかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS