なぜ「儲かっているブログ」は食べ歩き記事が多いのか

シェアする

スポンサーリンク
ノートPC

居酒屋とかレストランとかを紹介するブログをよく見かける。

「毎日こんなに食べ歩いていてけっこう食費がかかるのでは」、と思っていた。

しかし、「ブログに食べ歩き記事を掲載すると儲かる」からではないか、と推測するようになった。

スポンサーリンク

食べ歩くと儲かる?

「儲かる」と言っても、ブログで紹介した店から報酬をもらえるということではない。

こんなことをしたら、「ステマ」になってしまう。

儲かるというのは、

食事代を経費で落とせる

ということだ。

つまり、店で注文した料理についての記事をブログに掲載すれば、かかった費用を「経費」として計上し、ブログの収入から差し引ける。

サラリーマンのブロガーにはわからないと思うが、日々の食事代を経費で落とせたら、かなりの節税になるはずだ。

もちろん、ブロガーとして利益を出せていることが前提になるけど。

食費を経費で落とすには

ただ、毎日同じ店で同じメニューを注文して経費で落としていると税務署から否認されるかもしれない。

なぜなら、「日常の食事」とみなされるからだ。

食事を「ブログの食べ歩き記事を書くために使った費用」とするなら、少なくとも店とメニューは毎回変えないといけないと思う。

じゃあ、自宅で作った料理の写真をブログにアップしたら、食材費を経費で落とせるか……。

高価な冬物のコートを買って「冬物のコートを買いました」という記事を更新したら、コート代を経費で落とせるか……。

何を経費とみなせるかは、管轄の税務署に問い合わせてもらうしかない。

ブログの運営・更新に必要な費用、記事を執筆するためにかかった費用は経費に計上できると思う。

が、主として日常生活で使うような商品・サービスについては経費で落とすのは無理がある。

ブログは節税の道具ではなく、人生を楽しむためにある……と思う。

節税したければ「ふるさと納税」あたりが安全で確実だ。

※どんなものが経費で落とせるかについては次の本にくわしい。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS