現在の日経平均株価が「バブル」かどうか検証する

シェアする

スポンサーリンク


a1180_010436

日経平均株価が2万円に届こうとしている現在、株価が「バブル」なのかどうかを検証する。

検証は、山崎元『超簡単 お金の運用術』(朝日新書 2008)で紹介されていた「適正株価計算法」をもとにした。

参照:適正な日経平均株価の計算方法

結論は、まだバブルとはいえない。根拠は次の通り。

「バブル」かどうかを計算するために使用する数値は、

日経平均株価
株価収益率(予想)
長期金利(日本国債10年)
名目GDP成長率

日経平均株価は19,285.63円(2015.3.27終値)、株価収益率(予想)は17.30倍、長期金利(日本国債10年)は0.37、名目GDP成長率(2014暦年、前年比)は+1.6%だった。

長期金利から名目GDP成長率を引いた数値に5%、6%、7%を足した数を求めると、

0.37-1.6+5=3.77%
0.37-1.6+6=4.77%
0.37-1.6+7=5.77%

1株当たり利益を上記の数値(3.77%、4.77%、5.77%)で割り、適正な日経平均株価の「上限」「標準」「下限」をを算出する。

1株当たり利益=日経平均株価/株価収益率(予想)=19285.63/17.30=1114.77630058

1114.77630058/0.0377≒29,569.66
1114.77630058/0.0477≒23,370.57
1114.77630058/0.0577≒19,320.21

よって、「適正な日経平均株価」の上限は29,569.66円、標準は23,370.57円、下限は19.320.21円となった。

最新の日経平均株価(2015.3.27終値)は19,285.63円だから、下限の数値未満だ。

計算上は、まだ「バブル」とはいえない

企業業績、長期金利、名目GDP成長率が現状のまま日経平均株価が3万円を超えたら、バブルかもしれない。

※くわしい計算方法の説明は本書を参照。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS