ノーリスクの「毎月分配型投信」を自作する方法

シェアする

スポンサーリンク

人気の「毎月分配型投信」、実は自分で簡単に作れる。

用意するものは2つ。

  • ・銀行の普通預金口座
  • ・現金

これだけ。

例として、月額3万円/月を10年間分配する「国内債券型の毎月分配型投信」を作ることとする。

用意する現金は、3万円×12ヶ月/年×10年=360万円

360万円を銀行の普通預金口座に入金する。

月1回、銀行のATMから3万円を引き出す。

3万円で外食しなはれ、旅行しなはれ。

自作の「毎月分配型投信」のメリットは、

  • ・手数料がゼロ(ATM利用手数料はゼロとする)
  • ・分配金は非課税
  • ・価格の下落がない(上昇もない)
  • ・わずかだが、確実に利息がつく

これらは、市販の毎月分配型投信にはない超ビッグなメリットだ。

「銀行にカネを預けて引き出しているだじゃん」とツッコまれるかもしれないが、市販の毎月分配型投信も仕組的にはほぼ同じなので、自作の毎月分配型投信で運用してもまったく問題ない。

<参考文献>
吉本佳生『金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか』(光文社新書 2006) pp.398-424 “21世紀最初の大ヒット金融商品”

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS