80歳までリスク資産にも年金にも依存せずに生き延びれるか試算

シェアする

スポンサーリンク
円資産

平均寿命(80歳)まで年金にもリスク資産にも依存せずに生き延びれるのか、シミュレーションしてみた。

つまり、ポートフォリオの「現預金」「国内債券」のみで80歳まで生き延びることができるか、試算してみた。

もちろん、ブログから発生する収入のような「小遣い稼ぎ」もあてにしない。

最近、中国株のバブル崩壊、ギリシャ債務問題で株価が乱高下している。

株式投資の成否がどうなろうと(ついでに年金制度がどうなろうと)、現在のセミリタイア生活が継続できるのか、試算してみた。

試算の結果、次の条件ならば、生き延びれることがわかった。ただし「机上の計算上は」ということなので災害、戦乱、病気、ケガのような要因は考慮していない。

条件

  • 生活レベルを上げないこと
  • 預貯金の利息は0.3%以上あること
  • 日本国の財政破綻がないこと

ちょっと甘い条件かな。

次に、上記の条件について詳しく説明する。

スポンサーリンク

生活レベルを上げない

現在の支出が平均寿命まで続くと想定した。もし、インフレが予想される場合は「利息=インフレ率+0.3%」となると想定した。

将来のキャッシュフローをシミュレーションするときにインフレ率を考えるのが一番厄介だ。

支出はやりくりで何とかなるが、インフレは個人の力ではどうしようもない。

利息は0.3%以上

0.3%以上の利息があれば、現在の生活レベルが維持できると試算した。

0.3%を下回れば、ちょっと節約が必要になる。

もし5%あれば、「豊かな老後」となる。

5%はちょっと無理かな。

財政破綻がないこと

「現預金」「国内債券」をあてにしているため、円資産が破綻しないことが大前提だ。

百万が一、「1ドル=1万円」のような円の暴落が起こったら……そのときはポートフォリオの「外国株」の出番だ。

米ドルで保有している「外国株」が円換算で大暴騰するはずだから。

シミュレーションツール

今回のシミュレーションに使用したツールは「45歳で早期退職して遊びながら月20万円でのんびり生活する」で紹介したExcelシートだ。

Excelシートのダウンロードは次のページで。
資産を取り崩すなら《森本家のワークシート》 (2010.3.24 PC Online )

金融資産管理ツール

長い人生で必要なお金を管理するためのツールとして「無料の家計簿マネーフォワード」を使っている。ふだんよく使う金融資産の口座を登録しておけば、金融資産の時価総額をほぼリアルタイムで把握することができる。

まとめ

適当に分散投資しておけば、過剰な将来不安は不要だ。

今を楽しもう。

人の一生はおびえてふるえて縮むほど大事なものではない。いわんや人生の財宝をや。

ショーペンハウアー『幸福について―人生論』(新潮文庫 1958) p.256

<関連記事>
貯金があるから「セミリタイア」「投資」という冒険ができる

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS