現金主義からクレジットカード主義へ転向したただ1つの理由

ネットショッピング

これからは、買い物の支払はなるべくクレジットカードで支払うことにした。

現金を数えることにうんざりしたからだ。

いままでは

  • クレジットカードばかりで払っていると、お金のありがたみがわからない
  • 現金で支払うことによりお金が出て行く痛みを感じて、無駄遣いを防ぐ

と言った理由で、なるべく現金で支払うようにしていた。

しかし、最近は「現金で支払うデメリット」を感じるようになっていた。

スポンサーリンク

現金のデメリット

現金で買物をするデメリットは、わたしの場合、

現金の管理が面倒

というのが一番大きい。

現金で支払うプロセスは、

  • 銀行のATMまで出かけて、現金を引き出す
  • 使うまで、財布にしまっておく
  • 買い物の時、財布から取り出して支払う

これだけの作業をするのが、結構面倒に感じるようになってきた。

ATMから引き出すときは1ヶ月分の生活費を引き出すので、銀行から家に帰るまでに現金を紛失するリスクが無視できない。

家計簿の勘定が合わない

もうひとつ、というか、これがクレジットカード主義に転向した理由なのだが、

実際の現金残高と、家計簿に記録している現金残高が合わない

ことだ。

現金の出入りは家計簿(Microsoft Money)で厳重に管理しているつもりだ。

しかし、手元にある現金残高を数えてみると(数えるのも結構面倒!)、家計簿の残高とが合わないのだ。

差異は数百円程度だが、気になる。

おそらく、家計簿に付け忘れているのだと思う。

不一致の原因を突き止めるためには、ATMの明細票やレシートのような紙の証憑を1枚1枚調べて、お金の出入りを追いかけないといけない。

これもまた面倒だ。

クレジットカードでキャッシュフローを管理

そこで、支払をクレジットカードに切り替えることで、お金の出入りを自動的に管理するように切り替えた。

お金の出入りを確認したければ、クレジットカードの利用明細を見ればいい。

自分で家計簿をつけるよりも、正確で効率的だ。

家計簿はこれからもつけていくが、現金を数えたり、現金残高と家計簿との数字を突き合わせる手間はなくなる

これだけでも大きなコスト削減だ。

メインのクレジットカード

現在使っているメインのクレジットカードは「楽天カード」だ。

楽天ブックス」でポイントを使って書籍を買うことが多いから使っている。

利用明細の管理は「楽天e-NAVI」で行う。

家計簿管理ツール「無料の家計簿マネーフォワード」にも楽天カードを登録しているので、「マネーフォワード」からでも確認できる。



スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader