OneDriveの無料容量縮小(15G→5G)の影響はなかった

シェアする

スポンサーリンク
OneDriveアイコン

Microsoft、「OneDrive」の無料容量縮小ヘ “容量無制限”は終了 (2015.11.3 ITmedia)

を読んでドキッとした。

OneDriveのユーザが使える無料容量が現在の15Gバイトから5Gバイトに縮小される

らしいからだ。

参照:OneDrive – Microsoftのクラウドストレージ

無料容量の縮小は、2016年初頭から段階的に実施されるとのこと。

「段階的」ってどうやるんだろう?

15G → 10G → 5G と縮んでいくのだろうか?

スポンサーリンク

無料容量縮小の影響

OneDriveをメインのクラウドストレージとしてバリバリ使っている

「来年から有料になっちゃうのか」

と心配になって、現在の使用容量を調べてみた。

20151106_onedrive1

使用容量は「2Gバイト」だった。

今のところ、将来の無料容量の上限5Gバイトを大幅に下回っているので楽勝だ。

動画のような大きいファイルを保存しなければ、2Gバイト前後の容量があれば何とかなる。

容量の上限も縮小

現在はOneDriveの有料プランとして、100Gバイト、200Gバイトのコースがある。

20151106_onedrive2

今後は、上記の100Gバイト、200Gバイトのプランは廃止となり、容量の上限は有料でも50Gバイトとなるようだ。

もし、50Gバイトを超えて使っていれば、Google DriveとかDropboxのような他のクラウドストレージに移行しないといけない。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS