OneDriveのExcelフォームで家計簿を作った

シェアする

スポンサーリンク
Excelロゴ

Googleドライブのフォームで家計簿を作れるそうだ。

参照:「ココマネ」サービス終了で家計簿をどうするか (高等遊民の備忘録)

わたしがメインで使っているクラウド「OneDrive」でも同様に家計簿が作れるかどうか調べたら、作れるようなので作ってみた。

参照:OneDrive でもアンケートフォームを作れます (SkyLean)

OneDriveの「Excel Online」のアンケート機能を使う。

スポンサーリンク

「OneDrive家計簿」の仕様

これからOneDriveのExcelで作る「家計簿」では支出を記録することにした。

次の項目をExcelのアンケートから入力する。

  • 支払日(年月日)
  • 使い道(テキスト)
  • 金額(数値)
  • 種類(「現金」「クレジットカード」「電子マネー」から選択)

「種類」というのは支払手段で、「現金」「クレジットカード」「電子マネー」の3種類で支払うこととする。

もし、クレジットカード、電子マネーの種類が複数あれば、例えば「クレジットカードA」「クレジットカードB」「電子マネーC」「電子マネーD」と分けてもいい。

作成手順

ブラウザでOneDriveにアクセスする。

※OneDrive初心者の場合は「OneDriveの使い方」を参照。

「ファイル」>「新規」>「Excelアンケート」を選択する。

OneDriveで家計簿1

「アンケートのタイトルをここに入力してください」を選択して家計簿の名称を入力する(任意)。

「ここに質問項目を入力します」に、入力する項目の名称を入力する。

上記の仕様で最初の入力項目は「支払日」とき決めたので、質問項目の欄には「支払日」と入力する。

「支払日」の設定が完了したら、「新しい質問の追加」の「+」を押して、次の入力項目(使い道)を追加する。

20151220_onedrivekakeibo2

「金額」は数値だけを入力するので「回答のタイプ」は「数値」とし、「Format」は「通貨」とする。

20151220_onedrivekakeibo3

「種類」の「回答のタイプ」は「選択肢」、「必須」にチェックを入れる。

「選択項目」は「現金」「クレジットカード」「電子マネー」と3行に分けて入力する。

20151220_onedrivekakeibo4

「完了」を押して入力の項目を完了させる。

『保存して表示」を押して、フォーム(Excelアンケート)を表示させる。

20151220_onedrivekakeibo5

フォームに支出を入力する。

例として「2015年12月20日に500円の弁当を電子マネーで購入」したとして家計簿に入力してみる。

入力完了後「送信」を押す。

20151220_onedrivekakeibo6

Excelのシートに入力内容が記録されていることを確認する。

20151220_onedrivekakeibo7

フォームを表示するには、Excelシートのメニューから「アンケート」>「アンケートの表示」を選択する。

20151220_onedrivekakeibo8

作成した家計簿のフォーム(Excelアンケート)は絶対に「共有」してはいけない。他人から勝手に入力されて大変なことになる可能性がある。

以上、家計簿作成の参考になれば幸いです。

OneDrive
OneDrive

posted with amazlet at 16.02.18
Microsoft Corporation (2015-10-12)
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS