株価が下がるとなぜか預貯金の金額が気になる

福沢諭吉

2016年が明けて以降、株安が続いている。

参照:日本株は大幅安、低迷原油や円高、機械受注嫌気-東証全業種が下げる (2016.1.14 ブルームバーグ)

ふと、「預貯金はいくらくらい増えたのか」と気になった。

株価が下がるとなぜか預貯金の金額が気になる」という「心のクセ」があることが興味深く、この記事を書いてみた。

正直、預貯金がいくらあるかはあまり意味がない。

スポンサーリンク

貯金は増えたのか?

家計簿ソフト「Microsoft Money」で管理している現預金を確認してみた。

ちなみに、現預金の内訳は、

  • 現金
  • 普通預金
  • 定期預金
  • MRF

だ。

2014年末の現預金を100とすると、2015年末は110だった。

増加率は+10%だ。

2015年はMRFはゼロなので、内訳は「現金」「普通預金」「定期預金」の3種類だ。

定期預金が好き

現金主義からクレジットカード主義に転向したので、現金は無視できるほど少ない。

参照:現金主義からクレジットカード主義へ転向したただ1つの理由

なので、「普通預金」「定期預金」の比率を見てみると、

普通預金:定期預金=1:5

だった。

リーマン・ショックに比べれば……

国内外とも株価がだだ下がりなのに、あまり焦りが湧いてこない。

ひょっとしたら、無意識のうちに脳が2008年の「リーマン・ショック」と比較しているのではないかと思った。

「あのときの大恐慌に比べたら、2016年の株安は大したことがない」

と思っているのかも。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader