「アスペルガー症候群」 診断結果

シェアする

スポンサーリンク
電球

「アスペルガー症候群 診断チェック」をやってみた。

参照:アスペルガー症候群 診断チェック (@メンタルヘルス)

「アスペルガー症候群」というのは今日はじめて知った言葉だ。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは

サイトには、

アスペルガー症候群とは、言葉による会話能力があるにも関わらず、

  • 周囲の人間との交流が難しい
  • 興味が特定の対象に限定されやすい
  • 日常生活がパターン化(ルーチン化)しやすい

などの症状があります。

とあった。

一番気になったのは、「日常生活がパターン化(ルーチン化)しやすい」という言葉だった。

「周囲の人間との交流が難しい」「興味が特定の対象に限定されやすい」というのも、当てはまるような、当てはまらないような。

日常生活が固定化

会社を辞めて5年もなると、日常生活がパターン化される。

起床から就寝まで、ほとんど毎日が規則正しい。

サラリーマン時代よりも早寝早起きだ。

規則正しく生きると病気なんだろうか?

「アスペルガー症候群 診断チェック」で50問の質問に答えると、診断結果が出た。

点数は38点で、診断は「少し自閉傾向があるようです」だった。

ふーん。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS