早期退職する度胸をつけるためのワーク「1週間の有給休暇」

シェアする

スポンサーリンク
眠る猫

「定年まで働くのが当然」という価値観にとらわれていた人が「早期退職したい!自由になりたい!」と思っても実行に移せない。

わたしの経験も含めていえば、辞めたくても辞められない大きな原因は「度胸がない」からだ。

罪悪感」と言い換えてもいいかもしれない。

40代で会社を辞めちゃって、好きなことばかりやって、無責任じゃないのか?後ろ指を指されないか?お金は大丈夫なのか?

と思って、

「やっぱり自分には無理だ」

と決めつけて行動するのをやめる。

※ここからは心臓の弱い方は読まないでください。

スポンサーリンク

辞める度胸をつけるワーク

この、「やっぱり自分には無理だ」という壁を破るためのワークは次のとおりだ。

やり方はシンプル。

電話(またはメール)を1本するだけ。

※※

月曜日、朝8:50頃に職場の上司に電話をかける(またはメールする)。

8:50頃なら、上司も確実に出勤していると思うからだ。

上司に「今日から金曜日まで、1週間有給休暇を取ります

と言う。

スムーズに言うコツは自分の感情にこだわらないこと。

100%ビジネスライクに、クールに言う。

有給休暇は労働者固有の権利なので、いつでも取得を申請することができる。

理由は何でもいい。

あってもいいし、なくてもいい。

上司(と自分)を納得させるためにどうしても理由が必要ならば、例えば、

サラリーマン生活20年の疲れを取るために、1週間ほど家でのんびりします

沖縄へ”1人慰安旅行”してきます

とか。

妄想を振り払う

このワークの目的は「早期退職する不安、恐怖、罪悪感を取り除く」ことだ。

「辞めてはいけない」と思うのは「職場の同僚みんなが忙しいのに、自分だけ有給休暇を取ってはいけない」と思うのと根っこが同じなのだ。

この誤った思い込みを打ち砕く。

つまり、「思い込み」は単なる「妄想」(自分の脳内だけに存在する勝手な思い込み)なのだと実感するためのワークだ。

うまく行けばすんなりと「1週間の有給休暇」がゲットできるかもしれない。

そして、「40代で早期退職しても大丈夫、お金にも困らない」ということもわかる。

今日(2016.2.28)は日曜日なので、月曜日といえば明日じゃないか。

Just do it!

関連記事:好きなことをして生きると「天罰」が下ると思い込む理由

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS