40歳独身で早期リタイアしても老後貧乏になる確率をゼロにする

シェアする

スポンサーリンク
電卓とビジネスマン

島崎敢『心配学 「本当の確率」となぜずれる? 』(光文社新書 2016) を読んだ。

本書は「心配事」が発生する確率を正しく計算して「正しく心配しよう」という本だ。

発生確率が非常に低いことを、すぐにでも100%起きるかのように心配するのはお金と時間の無駄だ。

本当は危ないのに心配しなさすぎると、危ないものから身を守ることができません。一方、実際にはほとんど危なくないことを、過剰に心配するのもあまりよいことではなりません。

つまり、「心配」の度合いは「本当の確率」からあまりずれていないほうがよいのです。

p.4

本書を読んで「40歳で早期リタイアしたとしても、”老後貧乏”になる確率をゼロ」にする方法を考えてみた。

老後を心配して、ただやみくもにお金を貯めこんでも心配は消えない。

ぶっちゃけ、いくらあればとりあえず大丈夫なのか、具体的な金額を試算した。

結論は「40歳で3,000万円+αの貯金があれば早期リタイアしても老後貧乏にならない」と見積もった。

見積もりの金額が高すぎる?

でも、記事の最後に「出精値引き」があるから40歳で3,000万円も用意する必要がないかも。

スポンサーリンク

老後貧乏とは

老後貧乏の定義は、「老後貧乏から下流老人に転落する分かれ目はどこか」(2015.10.7 Diamond online)にならって、

「生活保護基準相当で暮らす高齢者及びその恐れがある高齢者」

とした。

具体的には「65歳以降、生活保護基準相当で暮らしたら老後貧乏」とした。

生活保護費の月額は大阪市HPによると、

○生活保護基準額(65歳単身の場合)
生活扶助79,530円+住宅扶助(上限)42,000円+医療扶助等α=121,530円+α

よって、生活保護基準相当の金額を月額12万円(年額144万円)とする。

65歳以降の年間生活費が144万円以下の場合「老後貧乏」と定義する。

40歳で早期リタイアした場合の年金

新卒で会社に就職して40歳で早期リタイア場合の年金受給額を試算してみた。

参照:簡易年金試算-年金見込額(サラリーマン・自営業の期間がある方) (PSRnetwork)

生年月日は昭和51(1976)年4月7日とする。

サラリーマン時代の平均年収はボーナス込みで480万円、年金は厚生年金に18年、退職後は国民年金に20年加入したとする。

試算の結果、65歳からもらえる年金は124万円※1(厚生年金報酬比例部分48万円+老齢基礎年金76万円)となった。

年金シミュレーション ver1.2

90歳まで生きるとすると、124万円×(90-65)=3,100万円の年金がもらえる

老後貧乏にならない早期リタイアにはいくら必要か

老後貧乏にならないための生活費は年間144万円超だ。

90歳まで生きるとすると、生活費の合計は144万円×(90-65)=3,600万円

3,600万円のうち年金が3,100万円なので、65歳までに必要な貯金の最低額は3,600万円-3,100万円=500万円と試算できる。

「医療費や介護費が入っていない!」というツッコミがあるかもしれないが、それは個々人の健康状態を加味して妥当な金額を加算してほしい。

例えば、医療費+介護費の自己負担を80~90歳で年100万円と想定するなら、100万円×10年=1,000万円をプラスする。

※※

以上の試算の結果、40歳で早期リタイアした場合に「老後貧乏」にならないためには65歳時点で「500万円+α」の貯金があればいい(くどいけど、医療費と介護費の自己負担分は除く)。

次に40~65歳までの生活費も試算してみる。

40~65歳までの貯金取り崩し額が年100万円だとすると、100万円×(65-40)=2,500万円となる。

よって、40歳時点で必要な「早期リタイアスタート金額」は、2,500万円+500万円=3,000万円だ。

もっとも、収入を上げたり、65歳までの支出を抑えれば貯金取り崩し額が小さくなるので、40歳時点で必要な貯金はもっと少なくてすむ

※計算を簡単にするため、インフレ率、金利は無視した。

※1 年金受取額を80万円→124万円に訂正(2016.4.8 7:10)。年金を計算するとき、「年収」で計算すべきところを「月収」で計算していました。ご指摘いただいたDAI様、ありがとうございました。読者のみなさまには「年金の金額が少なすぎる!」とご心配をお掛けしました。申し訳ありませんでした。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS