45歳・貯金2000万円でセミリタイアして「投資なし」で生き延びる

よっしゃぁ~

「45歳、貯金2000万円」でセミリタイアするが、株式投資のようなリスク資産には依存せずに「貯金の取り崩しのみ」で生き延びることができるか。

やりかたによっては、できる。

早期退職希望者にはおなじみのツール「逃げ切り計算機」でシミュレーションしてみた。

スポンサーリンク

条件

現在の年齢:45歳
現在の貯蓄額:2000万円
年間利息:0%
年金支給開始までの年間支出額:90万円

年間支出額が90万円?

「そんなのは無理だ」と思われるかもしれないが、90万円でやりくりするのではなく、支出は年120万円(月10万円)とする。

そう、収入が30万円あることが前提だ。

年収30万円といえば、月収で25,000円だ。

ブログからの収入や銀行預金の利息で何とか作れることとする(強引)。

年30万円稼ぐのは65歳までとして、年金受給後は完全リタイアとする。

年金・インフレ率

年金受給開始は65歳として、月額は8万円とする。

年間インフレ率は1%とした。

仮に物価が2%、3%と上がっても節約するだろう(強引)。

よって、インフレ率は年1%くらいが妥当なんじゃないか(強引)。

シミュレーション

「逃げ切り計算機」で計算した結果、こうなった。

現在の年齢45歳
現在の貯蓄額2000万円
年間利息0%
年金支給開始までの年間支出額90万円
年金受給開始後からの年間支出額120万円
年金受給開始年齢65歳
受給年金の月額8万円
年間インフレ率1%
受給年金額のインフレ連動「しない」
の条件でシミュレートします。

(中略)

試算の結果、あなたは、65歳までは生きられそうです

何とか、年金受給開始年齢まで生き延びれそうだ。

貯金をムダに減らさないためにおすすめの1冊

貯金取り崩しがメインのセミリタイア生活で大事なのが「ムダに貯金を減らさない」ことだ。

本書では「家計管理を自動化」することでムダな支出を抑えることを目指す。

個人の家計管理スキルに依存せず、本書のとおりに実行すればだれでも結果が出るように設計されている。

参照:家計を「システム化」してお金のストレスから解放される

<関連記事>
45歳で早期退職して遊びながら月20万円でのんびり生活する
45歳独身男性、貯金2,000万円でセミリタイアは可能でしょうか?
儲かった時は貯金して、貧乏なときにパッと使う

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader