40代で早期退職して年金に頼らずに90歳まで生きる

シェアする

スポンサーリンク
家計簿をつける

40代で早期退職して「年金」に頼らずに90歳まで生きるためにはいくら貯金が必要か、シミュレーションしてみた。これからはどんどん平均寿命が伸びると思うので、90歳まで生きても全然おかしくない。個人的にも90歳まで年金に頼らずに生きることを目安にしている。

使用したツールは「逃げ切り計算機」だ。

シミュレーションで使用したデータは次のとおり。

スポンサーリンク

計算

生活費(初年)=200万円/年
年間利息=3%, 5%
インフレ率=2%
年金受給額=0円

これらのデータで、40歳、45歳、50歳で早期退職するケースを計算してみた。

結果

40歳:5,700万~8,000万円
45歳:5,300万~7,500万円
50歳:5,000万~6,900万円

例えば40歳で早期退職する場合、「年間利息5%なら5,700万円、3%なら8,000万円必要」、という結果になった。

年間利息3~5%を実現するには銀行預金だけでは難しいから、金融資産の一部を株のようなリスク資産に投資することになる。

生活費は初年を200万円(毎年2%ずつ増額)で計算したが、もっと少なくてすむなら必要な貯蓄額は下がる。

もちろん、年金がゼロになるということは現時点では考えにくいが、上記の貯蓄があれば「年金は全部貯蓄に回せる」という精神的余裕ができる。

早期退職は、貯蓄の金額以上に大事なのが「精神的余裕」だ。

お金の心配は時間のムダ

※2015.6.4追記
早期退職の前に貯蓄を作る理由は、「お金の心配を最小限にする」ためだ。

余裕資金が何億円あっても「お金の心配をゼロにする」ことはできない。

お金の心配はゼロにはならないが、毎日お金の心配ばかりしているとセミリタイア生活がサラリーマン時代以上にストレスの大きな生活になってしまう。

お金の心配ばかりする生活なんて、時間がもったいない。だから退職前に貯蓄を作るべきなのだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS