1億円でリタイア、13年後に無一文

シェアする

スポンサーリンク
Stock Market

資産2,000万円で「専業トレーダー」になったら将来どうなる?=矢口新 (MONEY VOICE)

という記事を読んだ。

2000万円で専業で全力買いしたら将来どうなるって?

すぐに死ぬと思う。

記事では「2000万円すべてを株につぎ込んで年20%のリターンでもアカン」という結論だ。

仮に200万円を出費し、残る1800万円で運用を始めると、20%のリターンでは生活できなくなってくる。

そもそも、毎年20%をコンスタントに稼ぐこと自体、荒唐無稽でファンタジーだ。

スポンサーリンク

1億円でリタイアして13年後に無一文

記事では米マーケットウォッチ紙の、「なぜ、退職後のバイ&ホールド投資は危険か?」(英文)というコラムを紹介していた。

100万ドル(1.13億円)の軍資金を作ってリタイアしたが、13年後に無一文になるというシミュレーションだ。

退職が2000年で「ネットバブル崩壊」「リーマンショック」という大暴落を経験して、2013年に無一文になる。

生活費は年4万ドル(約400万円)で、インフレ率は3%だ。

無理矢理無一文にさせるようなシミュレーション」という気がしないでもない(笑)。

このコラムでは「リタイア後はバイ&ホールド投資ではダメ」という主張だ。

では、どうすればいいのか?

リタイア後に無一文にならない投資法

コラムでは「リタイア後に資産を守る方法」としてこう提案している。

If you are retired, you have to protect the money that generates the returns. I believe you can’t buy-hold if you are a retired investor. You have to defend your investments with a buy, hold and sell strategy.

Why buy-and-hold is a bad idea for retirees (Mar 17, 2016 MarketWatch)

<翻訳例>
もしリタイアしたら、収入源を複数作って資産を守るべきだ。リタイア投資家はバイ&ホールドで生き延びるのは無理ゲー。バイ&ホールド&セル戦略にすべきだ。

本当に上記の訳で合っているかどうか怪しいので、あくまでも参考程度にしてほしい。

投資収入だけに依存せずに、他に収入源を複数持つ。株式投資はバイ&ホールドだけでなく、売るべき時には売る、ということだと思う。

まあ、日本のセミリタイア者ならすでにほとんどの人がやっていることだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS