40代で早期退職するときは社畜系の家族や他人に相談しないほうがいい

シェアする

スポンサーリンク
松茸ごはん

わたしが40代前半で早期退職したときの反省点。

それが、会社を辞める前に「早期退職すべきかどうか」を他人に相談しなければよかった、ということだ。

なぜなら、わたしの周囲には「社畜」しかいなかったから。

参照:40歳を過ぎて「会社を辞めてセミリタイアする」と宣言したら猛反対された

会社を辞めることは辞めるまで他人に言わないほうがいい。

辞めたことさえ(必要がなければ)言う必要がないと思っている。

スポンサーリンク

「早期退職」を受け入れる価値観がない

わたしがサラリーマンをやっていたときは、同僚、友人知人、家族もほとんどがサラリーマン(正社員)だった。

男は正社員として定年まで働いて家族を養う

というのが唯一の価値観だ。

お金があるなら40過ぎで会社を辞めちゃってもいいんじゃないの

といった極めて合理的な考えを理解してもらえない。

わたしの対応がまずかったのは「早期退職を理解してもらえないとわかっていながら相談してしまったこと」だ。

保守的な日本企業で正社員をやっている人に「40歳前半で会社を辞めようと思うんだけど」なんて言ったら猛反対されるに決まっている。

やはり、猛反対された。

いい大人なんだから自分で決める

よく考えたら、40歳を過ぎてるのに、自分の身の振り方を他人に相談する必要なんかなかった。

しかも、反対されることをわかっている人たちに相談してしまった。

「早期退職」というマイナーな価値観を実現しようとするときは他人(家族を含む)には相談しないほうがいい。

あえて相談するとすれば、「早期退職経験者」にすべきだと思う。

なるべく、自分の価値観に近い人に相談しないと、人生が前に進まない。

もし、周囲に社畜しかいなかったら、独断で早期退職して、さっさとやりたいことをできる環境を作ってしまおう

常識的なアドバイス」に足を引っ張られないようにする。

散髪が必要かどうかを床屋に聞いてはいけない。

~ウォーレン・バフェット~

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS