セミリタイアと忘年会の心配がない気楽な師走

シェアする

スポンサーリンク
居酒屋

今日から師走(12月)になった。

セミリタイア生活のメリットが実感できる季節だ。

メリットとは「会社の半強制参加の忘年会に出るか出ないかで悩まなくていい」ことだ。

サラリーマン時代は、12月に入るといつも(ボーナスの支給月にもかかわらず)、忘年会の出欠問題が心の重石になっていた。

スポンサーリンク

忘年会問題の解決法

12月になると、幹事から「忘年会お知らせ」というタイトルのメールがやってくる。

出欠の返信をしなければならない。

メールが来るのがわかっていて、覚悟はしているのだが、実際にやってくると心が重くなる。

「出席する」と返信したくないし、「欠席する」とも返信したくないからだ。

しかし、出席するか、欠席するか、2つしか選択肢はない。

「察してほしい」とか「ノーコメント」という返信ができない。

結局、

毎年忘年会に欠席してばかりだと、職場の人間関係や人事評価に悪影響があるかもしれない

という損得勘定で、しぶしぶ出席する年もあった。

会社の仕事とは、どの会社も同じかもしれないが、スキルや資格があるかどうかよりも、円滑な人間関係を築けるかどうかで評価される。

毎年のように忘年会に出る必要はないと思うが、たまには出席して上司にお酌のひとつでもしておけばいいと思う。

それすらできない、やりたくないのであれば、サラリーマンには向いていない可能性が高いので、別の職業に転職するか、セミリタイアを模索した方がいい。

わだかまりなく忘年会を欠席する方法

忘年会を欠席する選択をした場合、一番の難関は「当日にどうやって職場を抜け出すか」だ。

一番安易な「残業するふりをして、忘年会に出席するメンバーが全員退社した後に職場を出る」という方法はおすすめできない。

時間がもったいないからだ。

忘年会に欠席する理由は、仕事が終わってから寝るまでの「自分時間」を心ゆくまで楽しみたいからだ。

だから、忘年会の当日は定時退社が基本だ。

しかし、定時で1人だけ退社するのは「目立つ」ので、気が引ける場合もあるだろう。

だから、次の手順で目立たないように定時退社する。

①忘年会当日はコートやカバン(バッグ)を持たないで出勤する。

②定時になると、PCの電源をそっと切る。ノートパソコンの場合、画面を9割くらい閉じる(下図参照)。完全に閉じてしまうとカチッと音が鳴るから目立つので不可。

20161201_notepc1

③トイレに行く風をよそおって席を立ち、そのまま帰宅する。

コートやカバン(バッグ)を持っていないので、コートを着たりカバンを持ったりといった「目立つ行動」をせずに帰宅できる。

セミリタイア後は気楽な師走

セミリタイア生活に入ってからは、上記のような「忘年会問題」に頭を悩ませる必要がなくなった。

12月、特に中旬~下旬は大事な時期だ。

自分時間を最大化したい。

セミリタイア生活でやっと実現化できるようになった。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS