サラリーマン時代は風邪が「不治の病」だった

シェアする

スポンサーリンク
体温計

がっつりと風邪をひいた。

症状は……

  • 胃がもたれる
  • 関節が痛い
  • 肩こり
  • 悪寒


たまたま、去年(2016年)の日記を見たら、同じ時期に風邪をひいていた。

ブログにも記録していた(笑)。

風邪気味だったので葛湯を飲んで乾燥対策をとった
早朝、4時頃に起きてしまった。胃の調子が悪い。風邪をひいたようだ。いつも風邪をひくと胃の調子が悪くなる。 体を温め...

1月下旬は「年中行事」のように風邪をひくようだ。

退職後の風邪は「すぐに治る」からいい。

会社を退職する直前も、風邪をひいていた。

サラリーマン時代の風邪は長期間治らなかった。

同僚から「1年中風邪をひいてますね」と言われたことがあった。

恐らく、ストレスのせいで免疫力が低下していたのだろう。

風邪が「不治の病」だった。

正直「早く会社を辞めないと体がヤバいな」と思っていた。

今ひいている風邪は「すぐに治る」という自信があるから、それほど心配していない。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS