ブラウンスーツを着る勇気がなかった新入社員時代

シェアする

スポンサーリンク
茶色いスーツ

今日から4月、新年度だ。

新年度といえば新入社員の頃、「ブラウンスーツ」を買わなかったことを思い出す。

新卒で会社に就職して、スーツを買いに行った。

新人が着ても違和感がない「紺色系」のスーツを買おうと思っていた。

しかし、店員さんがしきりに「ブラウン(茶色の)スーツ」を勧めてくる。

「いえいえ、新人なので紺色でいいんです」

と断っても、なぜか「ブラウンスーツ」を勧めてくる。

なぜ、ふつうの日本企業の新人サラリーマンに「ブラウンスーツ」を勧めるのか。

理由は「冒険してほしいから」だそうだ。

はあ?

店員さんいわく、「新人だから紺色というのはあまりにも無難すぎます。ぜひ”ブラウン”のスーツを着て冒険してほしいんです」。

もちろん、「冒険の提案」を断って、ふつうの、無難な、紺色のスーツを買った。

ブラウンスーツを着て出社すれば、「目立つ」という「冒険」ができたかもしれない。

「冒険」はできるが、職場で浮く。

それは絶対に避けたい。

何事も「ふつうに、無難に」こなそうと思っていた新入社員時代には、ブラウンスーツを着て冒険する勇気はなかった。

「冒険しなくてよかった」、と今も思っている。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS