株主優待が充実しすぎて売却した銘柄

シェアする

スポンサーリンク
business

ヒマだったので、家計簿で過去に売却した株を見ていた。

もし、今も保有していたら儲かっていたのか、または損していたのか(いわゆる「死んだ子の歳を数える」行為)。

ふと、家計簿で目に留まった銘柄がニチバン(4218)だった。

以前に「損切り」した銘柄だ。

スポンサーリンク

株主優待ラッシュ

損切りした理由は「持っていても株価が上がる見込みがない」からだが、もう一つ「株主優待品が多すぎる」からだった。

ふつうは「株主優待品が充実している」場合、株を保有し続ける理由にはなるが、株を手放す理由にはならない。

しかし、わたしは手放した。

ニチバンの株主優待品は主に文房具(のり、テープ)、絆創膏だ。

毎年、次々と送られてくる株主優待品が使い切れないのだ。

文房具や絆創膏がどんどん部屋の中に溜まっていく。

部屋がのりだらけ

一例を挙げると、「テープのり」だ。

のりは日常生活でちょくちょく使う。

特に封筒ののりづけには便利だ。

なので、株主優待として送ってもらえるのはありがたかったのだが、使い切れない。

封を開けないままの「テープのり」もある。

20170511_nori1

株を売却した今も、使い切れないでいる。

ちなみに、現時点(2017年5月11日)で、ニチバンの株価は売却時より500円ほど値上がりしている(あーあ、売らないで持っておけば)。

まとめ

物欲がない人は株主優待のない銘柄を選ぼう。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS