小規模企業共済に正式加入した【年利1.0%】

シェアする

スポンサーリンク
退職金

セミリタイアブロガーの退職金」として老後資金を年利1.0%で運用するため、先日「小規模企業共済」に申し込んだ。

フリーランスの退職金制度「小規模企業共済」を銀行で申し込んだら40分かかった
ブロガーの仕事を引退したときに「退職金」がほしい。というわけで、先日、老後資金の運用手段として「小規模企業共済」を申し込んできた。...

申し込んでから約1ヵ月後、「小規模企業共済手帳」が郵送されてきた。

小規模企業共済手帳

(手帳という名前だからスケジュール帳のような黒い手帳かと思ったら、小さな冊子だった)

スポンサーリンク

小規模企業共済のメリット

これで「小規模企業共済」に正式に加入できた。

来月、早速第1回目の掛金の払い込みがある。

お金を普通預金に置いておくより、年利1.0%でほぼ無リスクで運用した方がまだましだ。

掛金を所得から控除できるのも大きなメリットだ。

予定利率1.0%よりもメリットが大きいと思ったのは「掛金を所得から控除できる」ことだ。

掛金は月1,000円~7万円の間で設定できる(加入後、金額の増減は自由にできる)。

出典フリーランスの退職金制度「小規模企業共済」を銀行で申し込んだら40分かかった

想定外の利益を安全に資産化する

ブログを運営していて、想定外に利益が大きくなっても「所得控除」で利益を抑えることができる。

「節税」のために年度末に無駄に経費を膨らませるなんて無駄遣い、やりたくない。

もし、利益が大きくなっても安全に「資産」として残す方法を考えたほうがいい。

「小規模企業共済」は「利益の安全な資産化」の方策のひとつだ。

参照小規模企業共済(中小機構)

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS