サラリーマン時代に「夢は隠居」とノートに書いたら実現した

シェアする

スポンサーリンク
garden

先日、本棚を整理しているときにサラリーマン時代に大学ノートにつけていた日記をパラパラ見ていた

そこには「将来の夢」として、

隠居

と大きな文字で書いてあった。

文字の大きさはノートのページ半分くらいだ。

太字の油性マジックで書いてあった。

よほど気合いが入っていたのだろう(笑)。

書いた時期は、日記の日付を見ると退職する6年ほど前だった。

当時は「セミリタイア」という言葉は知らなかったらみたいで「隠居」と書いたのだろう。

スポンサーリンク

隠居できない理由

「夢は隠居」だったのだが、すぐに実行に移すことはなかった。

実行したのは「夢」をノートに書いてから6年も経過した後だった。

会社を辞めて隠居したい、でも、できない……と何年も悩み続けた。

今となっては懐かしい思い出だが。

さらに日記を見ていくと「隠居できない理由」というタイトルで、なぜ隠居できないかが書いてあった。

  • 失敗が怖い
  • 貯金が減るのがイヤ
  • 社会的信用がなくなる
  • 周囲から反対される
  • 世間体が悪くなる
  • 現在と違うことをするのが面倒
  • 上司に退職を申し出るのが面倒
  • 後任への業務引継が面倒
  • 引っ越しが面倒

実際に退職した今から振り返ると「取るに足らないことで悩んでいたもんだ」と思う。

なぜ隠居したかったのか

さらに日記を見ると「そもそも、なぜ隠居したいのか」が書いてあった。

つまり、「隠居のメリット」だ。

  • 完全な自由が手に入る
  • 100%自分で考えて行動できる
  • 世界が広がる
  • 好きなことが好きなときにできる

逆に言えば、サラリーマン時代には上記のようなことができていなかった。

その後、「隠居」の夢は「セミリタイア」という形で実現した。

まとめ

「夢をノートに書いておけば実現する」と断言はできない。

が、ノートに書いた「夢」について、考えたことを記録しておくと実現に向けて進み出す。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS