セミリタイア生活を支える主力の投資信託(外国株編)

シェアする

スポンサーリンク
stock exchange

先日「セミリタイアなのにサラリーマン時代より貯蓄の増え方が速い」という記事を書いたらtwitterで「それはたまたま株高だっただけ、浮かれるな!」という趣旨のツッコミがあった。

「それはたまたま株高だっただけ」というのはそのとおりです(笑)。

「浮かれるな」と言われても株価が上がって浮かれてはいけないのなら、いつ浮かれるんでしょう?

株高と言えば、わたしが保有する株・投資信託の中で一番含み益が大きい銘柄を紹介したい。

それは、

SMTグローバル株式インデックス 

だ。

現在は外国株投資の主力となっている。

スポンサーリンク

なぜ含み益が大きいか

「SMTグローバル株式インデックス」の概要は次のとおり。

主要投資対象は、日本を除く世界の主要国の株式。MSCIコクサイ・インデックス(円ベース)を構成している国の株式に分散投資を行い、MSCIコクサイ・インデックス(円ベース)の動きに連動する投資成果を目標として運用を行う。原則として、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。5、11月決算。

出典SMTグローバル株式インデックス【64314081】/投資信託 – Yahoo!ファイナンス

なぜ含み益が大きいのか。

それは購入した時期がリーマンショック後の基準価額が低迷している時期だったからだ。

以来、ずっと保有し続けている。

もっと手数料が安い投信があるのでは

現在は「SMTグローバル株式インデックス」よりももっと手数料(特に信託報酬)が安い同類のインデックスファンドがある。「SMTグローバル株式インデックス」の信託報酬は0.54%だ。

対して、例えば「ニッセイ外国株式インデックスファンド」は信託報酬は0.216%だ。

売却して乗り換えてもいいのだが、売却益の税金を払ったり、銘柄を変更したりするのが面倒だ(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS