「アベノミクス投資家」は「安倍内閣支持率44%」を心配すべきか

シェアする

スポンサーリンク
stock

もし安倍内閣が退陣したら株価が暴落するだけでなくデフレに戻って「長期低迷」するのではないかと心配する個人投資家は多いと思う。

わたしも日本株を持っているので心配になり、こんな記事を書いた。

安倍内閣退陣のセミリタイア資金に与える影響を見積もってみた
森友の財務省文書書き換え問題で、もし安倍内閣が退陣した場合の影響を計算してみた。 「計算」というのは、「2018年中に安倍内閣退陣が実...

内閣が退陣するかどうか判断する指標として「内閣支持率」がある。

NHKの最新(2018年3月)の安倍内閣支持率を見ると44%だった。

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は先月の調査より2ポイント下がって44%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、4ポイント上がって38%でした。

NHKは、今月9日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

調査の対象となったのは2100人で、58%に当たる1208人から回答を得ました。

出典NHK世論調査 内閣支持率 | NHK選挙WEB (2018.3.13 NHK)

支持率44%って、「日本人の44%が安倍内閣を支持していて56%が不支持」という印象を受けるが、本当だろうか。

スポンサーリンク

支持率44%の本当の意味

2018年3月のNHKの内閣支持率調査では1,208人が回答した。

日本の有権者総数約1億人(総務省「平成29年9月1日現在選挙人名簿及び在外選挙人名簿登録者数」)の内閣支持率と、NHKに回答した1,208人の数値44%は「イコール」なのか。

イコールではない。

細かい数学(統計)の計算は後述するが、真の内閣支持率が44%ならば、サンプルが1,208人の内閣支持率調査の結果は41%から47%に収まる(95%の信頼度で)といえる。

メディアが発表した内閣支持率が44%だからといって、本当の内閣支持率が44%というわけではないのだ。

※※

ちなみに、安倍内閣に厳しいと思われる朝日新聞が調査した内閣支持率は31%(2018年3月17・18日実施、回答者1,915人)だった。

参照内閣支持率31%、第2次政権以降で最低 朝日世論調査:朝日新聞デジタル

もし、真の内閣支持率が31%だったとしたら、サンプルが1,915人の内閣支持率調査の結果は29%から33%の間に収まる。

計算方法

具体的な計算方法は『世の中の真実がわかる「確率」入門』(小林道正(著), 講談社ブルーバックス, 2016)の「8.2.2 世論調査の信頼性」を参照した。

「本当の内閣支持率が44%のとき、世論調査のサンプル1,208人の内閣支持率は何%から何%の間に収まる可能性が高いか?」という「確率」の計算問題だ。

解答は41%~47%となる確率が95%となる。

下限の41%はGoogle電卓で「.44 – 2*sqrt ( (.44*(1 – .44)/1208))」と入力して計算した。

上限の47%は「.44 + 2*sqrt ( (.44*(1 – .44)/1208))」だ。

たまたまNHKに回答した1,208人が全員支持者(または全員不支持者)で、内閣支持率が100%(または0%)という調査結果になる可能性もあるが、ほとんどゼロに近い。

統計に興味があれば本書を読んでほしい。

▼参考サイト
13-1. 二項分布 | 統計学の時間 | 統計WEB

二項分布 – 高精度計算サイト

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS