40代でセミリタイアした1つの理由と3つの原因

シェアする

スポンサーリンク
waterfall

40代前半で会社を早期退職してセミリタイアした理由。

それは、貯金があったから。

ではない。

貯金がどうこうではなく「健康問題」が一番の理由だ。

つまり心身とも、体調がおもわしくなくなってきた。

スポンサーリンク

自分にウソをつけない40代

20代~30代は気力と体力で乗り切ってきた。

が、40歳を過ぎると、自分の心身にウソをつけなくなってきた。

「しんどいものはしんどい」

「イヤなのはイヤ」

という思いを抑えられなくなった。

で、退職した。

体調不良の3つの原因

40歳を過ぎて体調不良が無視できなくなってきたのは3つの原因がある。

  1. 通勤
  2. ひとりになれない職場
  3. 飲み会などの行事

1)の「通勤」は満員電車での通勤だ。

満員電車って「慣れたら大丈夫」だと思いがちだが、意外にエネルギーを使う。

特に人身事故や災害(台風・大雪など)で電車が大幅に遅れると、退職したくなるほど疲労が増した。

電車が動かないから会社を辞めた
退職願を提出するする少し前、退職を「願望」から「現実」に変える事件が起こった。

2)の「ひとりになれない職場」は、ビルの中のフロアに100以上のデスクを並べて大勢の従業員と一緒に仕事をするという、日本企業によくある職場環境になじめなかったということだ。

これは、個室を与えてもらえない限り解決できない。

もちろん、個室を与えられるような幹部ではなかったから、解決しないまま退職となった。

3)の「飲み会などの行事」は、会社主催の飲み会・運動会・旅行のような行事だ。

行事に出るのも疲れるが、それ以前に「出欠」の返答をするのが精神的に疲れる。

「出席」とは言いたくない。

かといって「欠席」と返答するのも気が引ける。

「出席」とも「欠席」とも言いたくない。

結果、疲れる。

強制参加の飲み会は「出席する」とも「欠席する」とも言いたくない
サラリーマン時代は「飲み会」が大嫌い少々苦手だった。 プライベートの飲み会は大好きだ。 どうして会社の「飲み会」が嫌いだったのか...
セミリタイアで平穏な師走が過ごせる最大の理由
師走(12月)になった。 師走になるといつも、「早期退職してセミリタイア生活に入ってよかった」と思う。 理由は「職場の忘年会に出...

セミリタイアで解決

上記の3つの原因を解決するとこうなる。

  1. 通勤しなくていい
  2. ひとりになれる職場
  3. 飲み会などの行事がない

これって、セミリタイアだ。

なので、セミリタイアした。

一件落着。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS