母の胃がんとセミリタイア生活の変化

シェアする

スポンサーリンク
landscape

実は今、母(80歳近く)が胃がんで入院している。

はじめはただの腰痛だと思っていたのだが、次第に食欲がなくなり、かかりつけ医の強いすすめで病院で内視鏡検査やCT検査をした結果「胃がん」だと判明した。

主治医によると、高齢のため手術は無理のようで「抗がん剤」による治療を行うとのこと。

入院前は実家に父と母が住んでいて、母の入院後はわたしが実家の家事を手伝う体制になっている。

父も80歳近くで、ひとりで家事と母の見舞いや退院後の看病をこなすのは無理そうなので。

このブログについては今のところこのまま継続する予定だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS