母の死とセミリタイア

シェアする

スポンサーリンク
lily

先日、胃がんで入院中の母が死去した。

平均寿命から数年早かったが、「天寿」だと思って受け入れた。

見舞や葬儀などでバタバタしていたので、ここ1週間ほどブログの更新は止めていた。

最近はちょっと落ち着いてきたので、ブログの更新を再開していこうと思う。

母の最期を看取って感じたのは「セミリタイアしていてよかった」。

スポンサーリンク

時間がたっぷりとれた

セミリタイアのメリットは何と言っても「自分の時間がたくさん持てる」ことだ。

おかげで、頻繁に母の入院先の病院に行くことができた。

実家の家事もできた。

葬儀の準備や遺品の整理の時間的余裕もたくさんあった。

もし、まだサラリーマンで、実家の近くに住んでいなかったら、こんなに時間的余裕はなかっただろう。

本当にセミリタイアしていてよかった。

介護はなかった

母が胃がんで入院した当初は、1回目の抗がん剤投与後に退院して、自宅で療養する予定だった。

「退院後は介護生活になるのかな」と思っていた。

が、退院することはなく、あの世へ行ってしまった。

なので、「家族が介護で心身が疲れる」という思いをすることはなかった。

母の胃がんとセミリタイア生活の変化
実は今、母(80歳近く)が胃がんで入院している。 はじめはただの腰痛だと思っていたのだが、次第に食欲がなくなり、かかりつけ医の強いすす...
母の胃がんとセミリタイア生活の変化(2)
以前、母が「胃がん」で入院中という記事を書いた。 その続報。
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS