青色申告の特別控除額が2020年分から55万円に改悪されるが対策はカンタン

シェアする

スポンサーリンク
確定申告

2020年分の確定申告から、青色申告の特別控除額が65万円から55万円に改悪される。

参照青色申告特別控除額 が変わります!! 基礎控除額(PDF)(国税庁)

2020年分の確定申告だから、実際に申告する時期は2021年からとなる。

青色申告の特別控除額は10万円減額の改悪だが、基礎控除額は38万円から48万円に10万円の改正となるので、一応は「チャラ」だ。

わたしはセミリタイアして(一応)自営業をやっているので、青色申告の控除が55万円に減るのはイヤだ。

が、対策はカンタンだ。

e-Taxで確定申告すればいい。

スポンサーリンク

控除額を65万円に維持する方法

青色申告の特別控除額を65万円に維持するには、「e-Taxによる確定申告」または「電子帳簿保存」を行えばいいそうだ。

個人で行う対策は「e-Taxによる確定申告」の方がはるかにカンタンだ。

e-Taxで確定申告するには、本来は「ICカードリーダライタ」や「マイナンバーカード」が必要だが、2019年からの暫定措置ながら「ICカードリーダライタ」も「マイナンバーカード」がなくても確定申告できる

【朗報】マイナンバーカードとICカードリーダライタがなくてもe-Taxで確定申告できる
確定申告でe-Taxを使いたいけど、「マイナンバーカード」や「ICカードリーダライタ」を用意するのが面倒という人に朗報だ\(^O^)/。 ...

もし、2020年分からの青色申告をe-Taxで行えば、基礎控除を含めて「10万円の所得控除増」となる。

わたしはe-Taxで確定申告予定

わたしは、いままでは国税庁のサイトで確定申告書を作成して、プリンタで印刷して郵送していた。

今後は、平成30(2018)年分以降は「e-Tax」で確定申告する予定だ。

先日「ICカードリーダライタ」を購入して、準備は完了した。

セミリタイアの確定申告をe-Taxで行うのでICカードリーダライタを購入
今年度(平成30年度)の確定申告からe-Taxを使うことにした。 サラリーマン時代からずっと「郵送」で確定申告書を税務署に送付してきた...

参考記事確定申告、より手軽に スマホやID方式など可能に(NIKKEI STYLE)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS