老後の医療費は宝くじをアテにするより貯金したほうがいいよ

シェアする

スポンサーリンク
宝くじ

たまたま、テレビのニュースを見ていたら「年末ジャンボ宝くじ」を買った人のインタビューをやっていた。

「ニュース」というより、ほとんど宝くじの「CM」ですな。

「宝くじに当たったら何に使いますか?」という問いに対して宝くじを買った中年女性が、

「老後の医療費」

と答えていた。

わたしは思わず心の中で、

「それはアカン」

と突っ込んでいた。

老後の医療費を用意するなら、貯金した方がいいよ

スポンサーリンク

宝くじを買うカネがあるなら貯金

「年末ジャンボ宝くじ(2018年)」の最高当選金は10億円だ(1等+前後賞)。

参照宝くじ公式サイト

老後の医療費に10億円もかかるんですか?

そんなにはかからない。

もしかかったとしても「高額療養費」でほとんど戻ってくるって。

参照高額な医療費を支払ったとき(高額療養費)(全国健康保険協会)

それに、宝くじで億単位の当選金がもらえる可能性はほとんどゼロだ。

「貯金のありがたさ」をかみしめた

「老後の医療費は貯金がいい」のは、わたし個人の経験からだ。

先日死去した母の医療費は、母本人の貯金から支払うことができた。

貯金しておいてくれたおかげで、家族が医療費を負担することはなかった。

老後の医療費が心配なら、貯金しておくべきなのだ。

もし母が「宝くじの当選金」をアテにしていたら、老後はほとんど貯金がなく、医療費は家族が負担していたことだろう。

貯金しておいてくれて、ありがとう。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS