独身の老後に必要な貯金は2,500万円必要と言うけれど、なぜ交際費が年21万円もかかるの?

シェアする

スポンサーリンク
money

ツッコミどころ満載の老後の家計。

ひとり老後に必要な資金は「最低2500万円」、どう用意するか(2018.12.5 マネーポストWEB)

という記事を読んだ。

おひとりさまが70歳~100歳まで30年生きる「老後資金」として、貯金が「最低2,500万円」必要とのこと。

「2,500万円」の根拠は次のとおり。

  • 月々の家計の赤字(約4万円)が30年分……約1,500万円
  • ライフイベント費(家電買換・臨時出費・住替え等)……500万円
  • 介護費……500万円

上記の3つを合計して2,500万円というわけだ。

スポンサーリンク

「おひとりさま老後」にしては交際費が高すぎる

月々の支出を見てみると、交際費が月額17,528円かかっている。

年間だと約21万円だ。

老後の人付き合いに年21万円もかからんやろ(笑)。

旅行代は「教養娯楽費」として別途計上してあるから、飲み会で月2万近くも使うのだろうか?

冠婚葬祭の費用は「ライフイベント費」から出すと思うので、ますます「交際費」に年21万円も使う必要性が見当たらない。

交際費を月5,000円にして再計算

というわけで交際費は高すぎるからざくっと削って「月5,000円」とする。

5,000円あれば飲み会なら月1~2回参加できる。

これで年14.4万円、30年で432万円削減できた。

交際費の削減を約500万円(強引?)とすると、おひとりさま老後に必要な貯金は2,000万円まで下げられた。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS