セミリタイア生活最大のリスクは「夢」

シェアする

スポンサーリンク
悪夢

2019年を迎え、セミリタイア生活が8年目に入った。

夜が平穏になった。

というのは、ここ最近は「会社で働く夢」を見なくなったからだ。

早期退職して6年近く経過したら会社で働いている夢を見なくなった
今まで「会社で働いている夢」を見ると、当ブログで報告してきた。 最近はぱったりと働く夢を見なくなった。

夜に見る「会社で働く夢」というのは「セミリタイア生活最大のリスク」だと思っている。

次のような3つのデメリットがあるからだ。

スポンサーリンク

デメリット1:不快感

ひとつめのデメリットは「不快感」だ。

セミリタイアする最大の動機は「会社で働きたくないから」だ。

なのに、退職後も(夢の中ながら)会社で働いている。

夢の中ではたいてい会社のオフィスで「イヤなこと」が発生する。

イヤなことは発生するが、

もう退職しているのになんで会社にいるんだ?

と夢の中で疑問に感じ、夢から覚める。

が、現実に戻った後も「不快感」が残る。

デメリット2:疲れる

デメリットのその2は「疲れる」だ。

夢の中とはいえ、実際に働いていたのと同程度の「疲労感」を感じる。

労働時間(夢を見ている時間)は実際には数分程度と思うが、丸1日働いたような疲労感をおぼえる。

デメリット3:無給

3つめのデメリットは「最凶のデメリット」だ。

それは「無給」。

当然ながら、夢の中でいくら働いても給料は出ない。

実際に働いたのと同程度の「不快感」「疲労感」「ストレス」を感じるのに、「我慢料」である「給料」が1円も出ない

バカバカしい。

アホらしい。

夢の記事をブログで書いて回収するしかない。

まとめ

退職しても、「会社で働く夢」を見なくなるまでに数年かかるので、本当に平穏な生活を送れるまである程度時間がかかる。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS