退職しても無収入でいることのほうが難しい

シェアする

スポンサーリンク

早期リタイアしてわかったことだが、サラリーマンを辞めても何かと収入があるものだ。

以前に書いた記事「早期リタイア後の収入源ランキング」(2013/7/17))では収入は次のようになっていた。
1位 配当金・分配金
2位 預金利息
3位 Amazonマーケットプレイス、古本買取
4位 オークション
5位 家庭菜園

スポンサーリンク

退職後の直近の収入源

現在では次のようになっている。
1位 有価証券売買益

2位 配当金・分配金
3位 預金利息
4位 Amazonアソシエイト
5位 その他色々

1位と2~4位の間を空けたのは金額の開きが大きいからだ。4位のAmazonアソシエイトは趣味関係のサイト運営による収入だ。報酬はギフト券でもらっている。銀行振込だと手数料がかかるからだ。Amazonでほとんどの商品が買えるため有効期限を除けば価値はほとんど現金と変わらない。

生活に必要な収入があって、退職してからも金融資産が増え、自由な時間が増え、ある程度健康でストレスを感じずに毎日目覚めることができる。これ以上何かを望むのはぜいたくすぎるというものだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS