日本人は働くよりもセミリタイアした方が心の豊かさを実感できる

シェアする

スポンサーリンク
home office

日本人が「心の豊かさを実感できる条件」が意外にも「セミリタイア」だっだ。

金融広報中央委員会の調査「家計の金融行動に関する世論調査」によると、「心の豊かさを実感できる条件」を尋ねたところ、回答は次のとおりだった(3つまで複数回答可)。

心の豊かさの条件2018

出典金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」(2018年度)

心の豊かさの条件は、「健康」「経済的豊かさ」「家族とのきずな」が上位だった。

一方「仕事の充実」「人や社会への貢献」といった「働き系」は下位だった。

つまり、日本人は働いてもそれほど「心の豊かさ」を実感できていない

仕事や他人の役に立つことをしても、心の豊かさに結びつきにくい実態がわかった。

スポンサーリンク

働かない方が心は豊かになる

「心が豊かになる条件」の上位に位置する「健康」「経済的豊かさ」「家族とのきずな」を実現するのに、働く必要はない。

むしろ、働くことで「健康」「家族とのきずな」を失うリスクがある。

働くことで「経済的豊かさ」を手に入れても、長時間労働や人間関係からのストレスで上位にある「健康」を失うと「心の豊かさ」が激減する。

セミリタイアが最強?

もし、貯蓄で「経済的豊かさ」を手に入れていたら、あとは「健康」「家族とのきずな」などの「非お金系」の条件を満たせばいいだけだ。

それができるライフスタイルは……もうおわかりですね。

セミリタイアです。

「心の豊かさを実感できる条件」のほとんどが手に入る。

特に「健康」「家族とのきずな」「時間的な余裕」「趣味の充実」はほぼ確実に手に入る。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS