おひとりさまが貯蓄に目覚める一番の要因は「セミリタイアしたいから」

シェアする

スポンサーリンク
電卓

3000万円を貯めた人って、どんな人? 年収500万でも貯められる(2019.4.20 日刊SPA!)

という記事を読んだ。

面白かったのは、「貯蓄に目覚めたきっかけは何ですか?」という調査の結果だ。

既婚者で一番多かった回答は「自分の老後や家族への責任を感じたから」だ。

独身は「老後資金を貯めてセミリタイアしたかったから」が一番多かった。

おひとりさまほどセミリタイアしたがるのかな(笑)。

スポンサーリンク

すべてのお金はセミリタイアのために

既婚者は自分の老後だけでなく家族のために貯蓄する。

扶養家族がいない独身者は、家族のため貯蓄する必要がない。

低コストで暮らしているおひとりさまなら、無理な節約をしなくても自然に貯蓄ができる。

カネがかかる趣味があればなかなか貯蓄できないが、ふつうに生活していればお金がたまっていく。

ひとりでいたいからセミリタイア

おひとりさまがセミリタイアしたがるのは「ひとりでいたいから」という理由もあると思う。

サラリーマンをやっていると、人間関係とか飲み会とか、けっこうしんどい。

早く足を洗って、ひとりでのんびりしたくなる。

貯蓄に走る。

すべてはセミリタイア実現のために。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS