セミリタイア生活で「nanacoデビュー」しようとしたが失敗

シェアする

スポンサーリンク
cvs seven

買い物で生まれて初めてnanacoを使おうとしたが失敗した。

「nanaco」という電子マネーは、使えるようになるまでのハードルが意外に高い。

初心者にやさしくない。

もっと簡単に使えるようにならないのか……。

グチはこれくらいにして、どんな失敗をしたのか書いてみたい。

スポンサーリンク

SBIポイントをnanacoポイントに交換

わたしがnanacoポイントを手に入れたのはSBIポイントとの交換だった。

SBI証券の口座で投資信託を保有しているから、SBIポイントがたまっていく。

参照SBI証券 ポイントプログラム

いつもは「Tポイント」に交換しているが、「今回はnanacoと交換するか」とふと思った。

使えるまでのハードルが高いnanaco

SBIポイントのサイトから「SBIポイント→nanacoポイント」への交換を行った。

が、すぐにnanacoポイントは手に入らない。

手に入るのは、なんと翌月の15日とのこと。

Tポイントは即時交換なので、ちょっと面食らった。

わたしがポイント交換したのは2019年4月だったので、翌月の5月15日にやっとnanacoポイントが手に入る。

ただし、正確には「nanacoポイント」ではなく「センターお預かり分」という状態だ。

参照センターお預り分(電子マネー nanaco 【公式サイト】)

「センターお預かり分」を「nanacoポイント」に昇格させるには、セブンイレブンのATMで残高確認する必要がある。

半月以上待って、2019年5月15日以降にセブンイレブンのATMで残高確認して、わたしのnanacoカードに「nanacoポイント」が入っているのを確認した。

参照電子マネー・ポイント残高、ポイント有効期限の確認方法(電子マネー nanaco 【公式サイト】)

ここまででも初心者にはけっこうな「ハードル」だが、まだまだハードルがあった。

さらにハードルが待ち受けていた

早速、nanacoが使える店(某ドラッグストア)で使ってみた。

参照使えるお店を探す(電子マネー nanaco 【公式サイト】)

すると、レジで「nanacoの残高がありません」と言われた。

え?

セブンイレブンのATMで残高確認したときは、確かにnanacoポイントはあったのに、なぜ?

簡単にnanacoを使えない分厚い防御態勢

結局、nanacoデビューができず、帰宅してネットで調べてみた。

すると、「nanacoポイント」を「nanaco電子マネー」に交換する必要があることがわかった。

参照nanacoポイントを電子マネーに交換|電子マネー(電子マネー nanaco 【公式サイト】)

店で使うには「nanco電子マネー」の状態まで交換しないとダメなようだ。

「nanacoポイント」を「nanaco電子マネー」に交換するには、セブンイレブンのレジで申し出る必要がある。

「あぶく銭のSBIポイントで交換したnanacoなんて、簡単には使わせないぞ!!!」というセブンの防御態勢を次々と破るだけの根気がないとnanacoは使えないようだ。

nanacoポイントの交換は今度やってみる。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS