新型肺炎による株価暴落で「金欠」が露呈

シェアする

スポンサーリンク
chart

やはり暴落したか。

新型肺炎の懸念が主要な原因で、2020年1月27日の日経平均株価・NYダウが暴落した。

それぞれの27日の終値は、

日経平均株価:23,343.51(前日比▲483.67

NYダウ:28,535.8(前日比▲453.93

となった。

参照Yahoo!ファイナンス

スポンサーリンク

金欠

新型肺炎騒ぎも、いつか収束するだろう。

なので、さらに株価が下がるようなことがあれば何か買おうかな。

昨年(2019年)は株高傾向だったので、株を買うことはなかったし。

問題は金欠(キャッシュ不足)だ。

予備で持っている現預金のほとんどが定期預金なので……。

定期を解約してまで株を買うべきかどうか。

やはり有事は「金」?

ちなみに、株が暴落する中、わたしが保有する次の「金ETF」は上がった。

SPDRゴールド・シェア:16,220(前日比+130)

やはり有事は「金」か。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS