新型肺炎の影響で金高、わたしの金ETFはどうなってるか

シェアする

スポンサーリンク
gold

新型肺炎の影響で金が値上がりしているらしい。

参照東京新聞:新型肺炎で金が40年ぶり高値 小売価格、1グラム6155円(2020.2.14 東京新聞)

金と言えば、わたしも有事(?)に備えて「金ETF」を保有している。

「SPDRゴールド・シェア」で金投資を開始
金(ゴールド)への投資を始めた。 理由は、「有事」への対応だ。

金ETFとは価格が金価格に連動する投資信託だ。

わたしが持っている銘柄は、東証に上場している「SPDRゴールド・シェア」だ。

参照SPDRゴールド・シェア【1326】(Yahoo!ファイナンス)

スポンサーリンク

年末年始に突然高騰

「SPDRゴールド・シェア」のチャートを見てみると、2019年末から2020年始めに高騰している。

2019年末はまだ新型肺炎の報道はなかったから、おそらく米中貿易戦争がらみだろう。

新型肺炎が騒ぎになって以降は、実はこの金ETFの株価はそれほど上がっていない。

新型肺炎収束後は金は下がるか

今は新型肺炎で世界中が危機感を持っているため、金価格に連動してETFも高値が続くかもしれない。

新型肺炎が収束していけばETFの株価も落ち着いてくるだろう。

世間の騒ぎにかかわらず、とりあえず「SPDRゴールド・シェア」は保有し続けようと思う。

参照日次金価格推移(田中貴金属工業)

※上記は2020年2月15日現在の情報です。金投資は自己責任で。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS