2020年2月新型コロナ暴落によるポートフォリオ被害状況

シェアする

スポンサーリンク
chart

2020年2月は新型コロナウイルス不安で世界の株価が大暴落した。

リーマンショック級だ。

わたしの金融資産ポートフォリオもどれだけ減ったのか、緊急調査した。

スポンサーリンク

調査結果

2020年2月末時点で、同年初からどれだけ金融資産が減ったのか、調べてみた。

結果は、▲5.31%だった。

2ヶ月で5%以上減!

ほとんどが株・投資信託の値下がりによるもの。

1年前の水準に戻っただけ

「株価が暴落したから株や投資信託を買おうかな」とはまだ思えていない。

資産の総額は1年前(2019年2月)の水準に戻っただけだからだ。

もしこのまま株価が下がり続け「長期低迷」が続きそうならば買おうかなと考えている。

確定拠出年金(iDeCo)の投資信託積み立ては継続する。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS