東京発の新幹線の中で食べるのが楽しみだった「前沢牛ローストビーフ弁当」

シェアする

スポンサーリンク

shinkansen_board

東京に住んでいた頃、盆暮れ以外にたまに帰省することがあった。

金曜日に定時で退社して東京駅へ直行。

いつも新幹線の中で食べる夕食は「前沢牛ローストビーフ弁当」だった。

スポンサーリンク

たまの新幹線だから夕食はぜいたくに

値段は少々高めなのだが、ローストビーフがたまらなくて、東京駅の弁当売場で出会って以来、新幹線の夕食は「前沢牛ローストビーフ弁当」だ。

新幹線なんてめったに乗らないのだから、車中の食事はゴージャスじゃないとサラリーマンなんてやってられるか!

と当時は思っていた。

金曜日の夕方に東京駅発の新幹線に乗っているサラリーマンは出張帰りがほとんどだろう。

缶ビールを飲んでいる人が多かったような気がする。

「東京の 仕事が終われば 缶ビール 買って乗り込み 車中で乾杯」

というのが一般的なパターンだと思う。

わたしは酒もつまみも買わずにお金をすべて弁当に投入した。

弁当のグレードを上げるのだから、酒とつまみはあきらめねばなるまい。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS